医院名:兒玉医院 住所:〒270-0026千葉県松戸市三ヶ月1543番地 
電話番号:047-345-6971

肛門外科

肛門外科

肛門外科おしりに起こる出血や痛み、痒み、残便感、イボ状のできものなどを診察しており、最も受診される方が多いのは、いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・あな痔(痔ろう)といった痔疾患です。
いぼ痔(痔核)の治療では内科的な保存的治療で改善せず、日常生活に支障をきたす場合に外科的な治療が必要になります。外科的な治療には根治術である従来の切除手術である結紮切除術だけでなく、切らずに注射で治す硬化療法(ALTA療法/ジオン注射)があります。
痔核の症状や状態に合わせてできるだけお身体への負担が少ない治療法を選択しています。
また、いぼ痔(痔核)・切れ痔(裂肛)・あな痔(痔ろう)、そして進行するとあな痔を発症させてしまう肛門周囲膿瘍などで手術が必要になった場合には、なるべく肛門機能を温存しながら痛みや出血を抑えた日帰り手術も可能です。

症状別にみる疾患

お尻が腫れている

おしりに腫れ、イボ状の膨らみがある状態です。疑われるのは、外痔核・脱出した内痔核、肛門ポリープ、肛門周囲膿瘍などです。急激に腫れ、硬いしこりがある場合には、血栓性外痔核の可能性があります。また稀ではありますが、肛門管がんや皮膚がんの可能性があります。

  • 外痔核
  • 肛門ポリープ
  • 肛門周囲膿瘍
  • 血栓性外痔核
  • 肛門腫瘍

お尻から出血

内痔核が便に擦られることで起こる出血、切れ痔による出血、ポリープなどによる出血が考えられます。切れ痔では出血量が少ないことが多く、排便時に起こる内痔核の出血は鮮血で大量になりやすい傾向があるなど、出血の状態によってある程度原因を絞り込めます。ただし、必要に応じて内視鏡検査などで他に出血原因が無いかを確かめてから的確な治療を受けることが重要です。出血が大量でもジオン注射のALTA療法など切除せず注射だけの治療が可能な場合も多く、切れ痔の場合は初期であれば軟膏などの保存療法で比較的短期間に改善できます。まずはご相談ください。

  • 内痔核
  • 切れ痔

お尻が痛い

痔による痛みでは切れ痔や血栓性外痔核、脱出した内外痔核などがありますし、皮膚炎や肛門周囲膿瘍などでも痛みを生じます。痛みが起こる状況、熱感などの有無をうかがった上で、検査で原因を確かめて的確な治療を行います。

  • 切れ痔
  • 血栓性外痔核
  • ひどい内痔核
  • 肛門周囲膿瘍
  • 肛門周囲の皮膚炎

脱出している

肛門からイボ状のものが脱出しています。内痔核の場合は、排便時に出てきて自然に戻る、指で押さないと戻らない、押しても戻らないものがあります。また肛門外の皮膚部分にできる外痔核、肛門ポリープや直腸ポリープの脱出、直腸が飛び出している直腸脱などの可能性もあります。無理に戻そうとして悪化させてしまうこともありますので、あまり触れずに受診してください。

  • 外痔核
  • 内痔核
  • 皮垂(肛門の皮膚が余り垂れ下がった状態)
  • 直腸脱、粘膜脱
  • 肛門ポリープ、直腸ポリープ

お尻が痒い

おしりは雑菌が多く湿度も高いため皮膚炎を起こしやすい場所ですが、逆にウォシュレットで必要以上に洗い過ぎたり、紙で吹き過ぎたりしても皮膚のバリア機能が損なわれ炎症がおこる場合もあります。痒みに気付いたら、早めに一度ご相談ください。

  • 肛門周囲の皮膚炎、湿疹
  • 臀部膿皮症

まずは、ご相談にお越しください

生活習慣の改善相談しにくいとためらっている間に痔を悪化させてしまうケースや、痔だと思い込んでいたら大腸がんからの出血だったという事例も少なくないので、当院ではプライバシーにきめ細かく配慮した診療を行って安心して受診できるようにしています。早い段階でご相談いただければ軟膏や服薬などの保存的療法で治せる可能性が高くなります。また、当院では進行させてしまった痔の場合も、日帰り手術などお身体やお気持ちへのご負担が軽い治療を中心に行っています。さらに、痔は再発しやすい疾患ですから、再発を防ぐ治療や生活習慣改善のアドバイスもしっかり行っていき、万全のサポート体制を敷いています。ご不安がある場合には、お気軽にお問い合わせください。

一番上に戻る