医院名:兒玉医院 住所:〒270-0026千葉県松戸市三ヶ月1543番地 
電話番号:047-345-6971

粉瘤(アテローム)

粉瘤

粉瘤(アテローム)は皮膚にできる良性腫瘍で、触れると皮下にしこりのようなものを感じます。ニキビやイボに似ていますが自然治癒することはなく、放置していると炎症を起こしたり、巨大化してしまうことがあります。ニキビのようなできものが何度も同じ場所にできる場合、粉瘤の可能性があります。
粉瘤では皮膚の下に皮膚組織でできた袋状の嚢胞が作られ、中に皮脂や角質がたまります。独特の臭いを生じることがあり、治すためには手術が必要です。皮膚に開口部の小さな黒っぽい点が確認できることもあります。炎症を起こさない限り、痛みなどの症状がありません。

原因

ヒトパピローマウイルスの感染や外傷など、粉瘤ができた原因がわかることもありますが、原因がわからないケースが圧倒的に多くなっています。粉瘤ができるメカニズムは、何らかの原因によって皮膚内部に老廃物がたまり、それを包むように皮膚組織が発達すると考えられています。また、背部などに多発する傾向があります。内容物をきれいに取り除いても皮膚組織が少しでも残っていると再発を繰り返すため、外科的な切除による治療が必要です。
炎症は細菌感染などによるものもありますが、袋が破れて内容物が皮膚内部に接触することで起こることもあるとされています。炎症を起こすと強い痛みや熱感、腫れなどを起こします。

粉瘤の治療

粉瘤の治療は、炎症を伴う場合と炎症を伴わない場合で方法が異なります。

①炎症を伴う場合

炎症が強く、皮下膿瘍(液状の膿の溜り)を形成している場合は、抗生剤は無効なので、肛門周囲膿瘍と同様、局所麻酔下に腫れた皮膚の一部を切開してて膿を外に出す切開排膿術が必要になります。この時、鋭匙という小さな匙(さじ)を使って、できるだけ粉瘤の袋状の壁を取り除きます。この施術により、炎症の症状は速やかに改善しますが、粉瘤の壁が残っていると、再び腫れて炎症を繰り返すことがあるので、落ち着いたら②のように残った壁を除去する根治術が必要になります。

②炎症を伴わない場合

待機的に摘出術が可能です。粉瘤の周囲を局所麻酔し、開口部を含めた皮膚を葉状に切開します。粉瘤は袋状の薄い壁がありますので、周囲の組織との境界を袋が破けないように剥離して摘出します。粉瘤が大きいと摘出した跡は死腔といって空間が残ってしまい、術後出血や感染のもとになるので、吸収される糸で皮下を縫合閉鎖します。皮膚は非吸収性の糸で目立たないように細かく縫合します。

術後

粉瘤は日帰り手術です。ご帰宅の際には、患部にガーゼを貼ります。基本的には術後1日目と抜糸する7日目に受診して頂きますが、その間、特に問題が無ければ防水性・通気性の透明テープ剤を貼付し張りっぱなしで構いません。
傷跡は2~3週間後にいったん硬くなり、それから少しずつやわらかくなっていきます。ただし、体質的に傷跡が残りやすい場合、肥厚性瘢痕・ケロイドなどになる可能性があります。

一番上に戻る